先端ドクターによるインプラント治療。副都心線・有楽町線・東武東上線でダイレクトアクセス。

お知らせ

HOME - 笹尾歯科医院のご案内 - お知らせ

カテゴリー
年別

保険診療と自由診療の違い

[コラム]  [情報]

(2019.04.20)

保険診療

国で定められた材料を使って治療いたします。
最大のメリットは料金が安く抑えれられることです。

デメリットとして例を挙げると

  •  銀歯はさびやすく金属アレルギーのリスクがある
  •  さびたところから再び虫歯になりやすい
  •  前歯の色がきれいでなく、白い部分がはがれやすい
  •  保険の入れ歯は金具が見える
  •  保険の入れ歯は違和感が多く、硬い食べ物を楽しめない
  •  最新のかみ合わせの診断機器が使えない
  •  子供がアトピーになりやすいという報告がある
  •  ブリッジは両側の歯を大きく削らなければいけない
  •  ブリッジは両側の歯の寿命を縮めるのに、咬む力の60%しか回復しない
  •  銀歯は美しさにかけ、人前で大きく口を開けられない

保険治療には患者様が思っている以上の限界があります。
希望通りの結果がえられるわけではないという最大のリスクがあります。

自由診療

医療の進歩は目覚ましく、かみ合わせの改善、歯周病の改善に
大きく役立つ診断機器、骨の状態を立体的に把握することができ
治療に革命的な正確性をもたらすCTなどが使えます。
歯の材料も、プラークがつきにくく、どこに入っているかわからないように
リアルで、しかも虫歯になりにくいジルコニアをはじめとする各種材料
を治療に使うことができます。
もし患者さまが、永く快適に咬む生活や自然な美しさなどをお望みの場合は、
自費診療をお勧めしています。

カウンセリングファーストとして
当歯科医院では最初に検査させていただき、
それぞれの患者様ごとに、悪くなった原因を特定し
患者様にとって最も良い治療法、必要な検査
最適な材料、治療期間、ご費用など
詳細な治療計画書と見積書をご提示します。
そしてインフォ―ムドコンセントとして
治療法、期間、材料、ご費用など
患者様と一緒に決めてからの治療スタートとなります。





ページの先頭に戻る